Hour of Reckoning
感情の掃き溜め
--/--/-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/04/19 テイスティングノート
花見を終えたSIFさんからあまりもののワインが届いた。





白:ルバイヤート甲州樽貯蔵2001長期熟成

赤:BANNOCKBURN Pinot Noir 1998 オーストラリア

調べてみたらバノックバーンは1万オーバー。

特に'98は"Good Australian Wine Guide" でベスト・ピノに選ばれているらしいじゃないですか!

確かに9年熟成ってことでエッジがレンガ色のこんなワイン初めて飲んだ。

酸味、渋みともに角が取れてる感じでスルスル飲めた。

んが、あまりそれ以上の感動はない・・・。

香りはピノの特徴たるフレッシュなイチゴ。

でもなー、なんか自己主張がない・・・。

飲み頃過ぎてんのかなー?

飲めるし、不味くはないんだけど、別段うまくもない・・・。





で、白。

山梨のワインだわさ。

じっくり飲んでみるとですね、

まるでウィスキーのような香り&味。

その中にグレープフルーツのような酸味が無理なく溶け込んでます。

うむ、うまい!

できたら西友のできあいの惣菜じゃなくて、ちゃんとした料理で味わいたかった・・・。






まぁこんな感じで。

SIFさんごちそうさまでした!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
美味しかったなら何より。おそまつさまでした。
…って、持って行っただけだけどね~(´ー`)y-~~~
2007/04/19(木) 21:58:24 | URL | SIF #-[ 編集]
今度うちにのみにくるかー?
2007/04/21(土) 20:31:42 | URL | couro #-[ 編集]
行く行く~
生活が落ち着いたらね~
2007/04/22(日) 17:19:32 | URL | SIF #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。