Hour of Reckoning
感情の掃き溜め
--/--/-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/02/06 ドラフト×2
メンバーのテストも落ち着いてきたのでドラフト。
昼から空きということで2回やりました。

まずはギルドパクト*3のドラフト。
初手《ティボーとルミア》から青赤へ。
途中《ゴーア族の野人》とか《通り砕きのワーム》が結構流れているので緑赤タッチ青方向へ。
結局4人の色分布は

俺 緑赤青
木ネ申さん 緑赤青
H瀬 白黒
I葉 白黒

・・・見事なかぶりっぷり。
結果。
勝ち組 白黒
負け組 緑赤青

うーん、パワーはあったと思うんだけど・・・。



続いてRRGドラフト。
初手《モロイ》から青黒赤決め撃ち。
案の定青は人気がなく、ほとんど独占。
《潮水の下僕》4枚取れた。こんなにいらんけど。
ギルドパクト初手《啓発のジン》。狙ってた色がきた。ラッキー。
まぁ当然のごとく青赤のパワーカードを独占。
ものすごいテンポ重視のデッキができた。

結果全勝!

でもすごいギリギリだった・・・。
ホントこのデッキ、スペル打つタイミングひとつ間違うだけで負けてしまうような難しいデッキだった。
逆にブン回ると相手に何もさせずに勝つことも出来たり・・・。
まぁテクニカルで、まわして面白いデッキではあったと思う。

印象に残ったのは木ネ申さん戦。
木ネ申さんの残りライフ2、こちらのライフは13あるが、次のフルアタックで死んでしまう。ここで《電解》を引かなければ負けてしまうという状況。


ドロー!


・・・青いorz


《幻の漂い》・・・。


・・・《幻の漂い》!?


「変成!!」


「《電解》本体2点!!」


。*゚・。*゚・。*月券禾り*゚・。*゚・。*゚
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。